カモメツーリストへようこそ! 海外旅行の格安フリープラン・観光ツアー・格安航空券ならおまかせ!

格安旅行のカモメトラベル > 【オーストラリアのビザ(ETAS)と格安ツアー】旅費を安くしたい一人旅や家族・団体旅行にも! オーストラリアのビザ(ETAS)情報

【オーストラリアのビザ(ETAS)と格安ツアー手配】ビザ・格安旅行・観光情報

オーストラリア・シドニーのオペラハウス

オーストラリア旅行といえば、誰でも一度は行きたい海外旅行の定番ですね。日本との時差も少ない上に気候も穏やかで治安も良いので、一年を通して安心して旅行できる国です。ただし他の欧米やアジアの観光国と違って短期の観光旅行でも電子版のビザが必ず必要です。申請の手続きに必要な資料は、パスポートだけなので早めに取得しておきましょう。

オーストラリア旅行のビザ(ETAS)取得と渡航手続き

オーストラリアの観光ビザ

日本人がオーストラリアへ入国する場合には短期の観光であっても必ずビザが必要であるが、3ヶ月以内滞在の場合のオーストラリアのビザは、他の国のビザのようにパスポートにスタンプやシールを貼る方式ではなく、コンピューターに電子的に情報を登録する「電子旅行許可システム」という仕組みがとられている。これをETAS(イータス)と呼んでいる。ビザが電子データのため、取得を証明する書面というものが無い。しかし多くの旅行者は何も書類が無いと不安に感じるため、ETASの登録代行を行う旅行会社は、独自の「ETAS登録証明書」などを発行して旅行者に渡し、これをビザ(ETAS)取得の証明としている。

パスポート
有効期間
ETAS許可日から12か月またはパスポートの有効期限満了日まで(有効期限が1年未満のパスポートで申請した場合)のどちらか短い方となる。1回の訪問では3か月まで滞在可能。
入国回数
上記の有効期間内であれば、複数回渡航することができる。1回の訪問では3か月まで滞在可能。
ビザ(ETAS)申請に
必要な書類
パスポート写真面のコピー(パスポート顔写真ページに記載されている全ての事項の情報が必要です)。
現地での
ETASの延長
ETASそのものは現地での延長は不可であり、「e600ビザ」という特殊なビザを申請することになる。(ビザ申請時に18歳以上74歳以下など条件がある。)
条件
注意点など
ETASは3ヶ月以内の滞在に限る。旅行会社が発行する「ETAS登録証明書」は、あくまでも旅行会社独自のETAS発行証明書であり、オーストラリア移民局発行の正式書類ではない。実際に入国できるかどうかはオーストラリア移民局のコンピューターにETAS情報が登録されているかどうかで決まり、この証明書の有無は関係がない。なお、オーストラリアへの飛行機にチェックインするときに、航空会社がETAS登録の有無を調べる義務があるため、通常はETAS登録が無いままオーストラリアの空港に到着してしまうという心配はない。

オーストラリアのビザ(ETAS)取得代行料金
(カモメトラベル特別料金:2017年2月現在)

代行料金取得所要日数
3,000通常は即日可能

→ お問合せはこちら

上記の料金は、航空券および現地手配と合わせてのお申し込みいただいた際の料金です。ビザ(ETAS)取得のみをお申込みの場合の料金はお問合せください。

「ビザ(ETAS)取得代行」はビザ(ETAS)の発給を確約するものではありません。最終的には申請後、オーストラリア移民局の判断となります。 また、万一ビザ(ETAS)の取得ができなかった場合でも料金のご返金はできませんので予めご了承ください。

上記は日本国籍の方の条件、料金です。外国籍の方はお問合せください。

ビザ(ETAS)の内容や取得条件等はオーストラリア移民局の都合により予告なく変更となる場合があります。お申込み時には必ず最新の情報をご確認ください

取得所要日数は、必要書類をお預かりしてから通常に要するおおよその日数です。ビザ(ETAS)申請の内容により実際の取得日数は異なります。また、オーストラリア移民局の都合で余分に日数がかかる場合もあります。予めご了承ください。

上記の料金は、ETAS発行証明書(希望する場合のみ)の送料込みの価格です。

その他のオーストラリアへの渡航前の手続き

オーストラリアは治安のよい国であるが、犯罪件数を人口比で換算すると日本を上回るので、決して警戒を怠ってはならない。また、都市部から外れれば未開の荒野や砂漠や熱帯雨林などが広がっており、野生生物や厳しい自然環境など別の意味で危険の多い国である。万一のトラブルのための準備は必ずしていかなければならない。

予防接種
オーストラリア入国に際して必要とされる予防接種は特にない。明らかに野生動物と多く接することが分かっている場合は、狂犬病ワクチンおよび破傷風ワクチンの接種を検討したほうがよい。
海外旅行傷害保険
海外旅行に行く場合には旅行傷害保険は必須と考えるべきである。オーストラリアにサービスデスクを置いている保険会社がベストである。シドニーやメルボルンなど大都市には日本語の通じる病院がいくつかある。なお、歯医者は費用が高額な上にほとんどの海外旅行傷害保険が適用外となっているので、心配な場合は事前に対策をしていくほうがよい。

カモメトラベルでは個人旅行はもちろん、社員旅行・修学旅行・新婚旅行・卒業旅行など海外旅行を幅広く取り扱っております。お気軽にお問合せ下さい!

社員旅行・修学旅行・団体旅行・ご人数の多い旅行のお見積りはこちらからどうぞ

オーストラリアの概要と主な都市・観光地・見どころ

オーストラリアの概要

オーストラリア(Australia)

オセアニアに位置する英連邦王国の一国で、日本の約21倍と世界で6番目に面積の大きい国である。オーストラリア大陸とタスマニア島、その他の小さな島で構成されており、雄大な大自然とコアラ・カンガルーに代表される独特の生態環境から、多くの世界自然遺産を擁する観光大国であり、世界中から旅行者を集めている。文化面ではアボリジニの文化とヨーロッパ文化、そしてアジアの文化が融合した多文化社会から生まれた芸術や食文化が観光客を魅了する。南半球にあるため季節は日本と逆になるが、南北にもかなり広いため単純に日本と反対の寒暖になるというわけではない。シドニーやメルボルンなど南東部の主要観光都市は、温帯性気候で快適であるが、大陸中央部の乾燥性気候の地域や北部の熱帯性気候は、日本でいう冬や夏の気候とは大きく異なる。

オーストラリアのゴールドコースト
時差
東部は+1時間、中央部は+30分、西部は-1時間(サマータイムは州によって異なる)
言語
公用語は英語
使用通貨
オーストラリアドル (A$) (AUS$)

オーストラリアの主な都市

シドニーシドニーの格安ツアー・格安航空券・観光情報

オーストラリア最大の都市で、経済・文化・観光の中心であるだけでなくオセアニア地域で最大規模の国際貿易観光都市でもある。イギリス植民地時代からの面影が色濃く残るビクトリア様式の建築物などの観光スポットや、世界3大美港と言われる深く入り込んだ天然の良港が作り出す美しい湾の風景が、世界中の観光客を惹きつけている。2000年のミレニアムにオリンピックが開催され一躍注目を浴びた。気候が温暖でたいへん過ごしやすいことも観光地としての魅力である。

シドニーの街並み
メルボルン

オーストラリア第2の都市で、イギリスの伝統的な雰囲気を色濃く残している落ち着いた街である。キャンベラが出来るまではオーストラリアの首都であった。「ガーデンシティ」と呼ばれるほど緑の庭園が多く点在し、また碁盤の目のように区画された街は歩くのが気持ちのよい街として人気が高い。路面電車のトラムもメルボルンの名物として有名である。海に面した南西部のポート・フィリップ湾には、セント・キルダと呼ばれる南国ムードあふれる開放的な雰囲気のビーチリゾートがあり、世界中から観光客を集めている。

メルボルンの街並み
ブリスベン

亜熱帯のクイーンズランド州の州都であり、オーストラリア第3の大都市である。世界的な人気リゾート地であるゴールドコーストへの玄関口としても知られている。オーストラリア最大のコアラ飼育数を誇るローンパイン・コアラサンクチュアリは、世界で最も大きく古いコアラの保護区である。市の中心部をブリスベン川が貫いており、街にはゴシックやコロニアル風の建物が数多く残っている。見事な時計台がシンボルのブリスベン・シティーホール、ウィンドミルのあるウィッカム・テラス、ストーリーブリッジなどが見どころである。

ブリスベンの街並み
パース

西オーストラリア州の州都で英国調の美しい街並みと郊外に広がる大自然が魅力の観光都市である。「世界で一番美しい都市」と言われることも多く、均整がとれた街並みと緑の公園、そして抜けるような青い空の景観が素晴らしい。また、インド洋に沈む美しい夕日が見られるのはオーストラリアの主要都市でパースだけである。郊外には西オーストラリアの奇景として知られる原生林のピナクルズと巨大な波型の岩ウエーブロックがあり、パースを訪れたときには見逃せない観光スポットである。

パースの街並み
アデレード

南オーストラリア州の州都で、シドニーやメルボルンなどに比べるとこぢんまりとして落ち着いた英国風の街である。整然とした街並みと一年を通して過ごしやすい気候から旅行者にも人気の高い街である。オーストラリアきってのグルメの街としても知られるが、バロッサバレーなどワイン産地にも囲まれており、ドイツ風のワイナリー巡りも楽しい。アデレードの南約110kmにはオーストラリア大陸の凝縮とも言われるカンガルー島があり、オーストラリア固有の野生生物のパラダイスとなっている。

アデレードの街並み
ゴールドコースト

オーストラリアではもちろんのこと、世界でも有数のビーチリゾートとして有名である。文字通りの黄金の砂浜の海岸にそって高層ホテルやコンドミニアムが立ち並ぶ壮観な様は、観光国オーストラリアを代表する風景として旅行パンフレットなどで広く知られている。一年のうち300日が晴れと言われるほど晴天が多く、サーフィンなどマリンスポーツのメッカとして世界的な大会なども多く開かれる。内陸部には世界遺産のラミントン国立公園があり、亜熱帯雨林の森を長い遊歩道で巡ることができる。

ゴールドコーストの風景
ケアンズ

ケアンズはオーストラリアの北の玄関口であり、日本から最も早く到着できるオーストラリアの主要観光都市である。都市の規模は小さいがこの街が世界中から観光客を集めているのは、2つの世界自然遺産の存在である。一つは世界最大のサンゴ礁群のグレートバリアリーフで、ケアンズから最も近いグリーン島は常に世界中からの旅行者で溢れている。もう一つは世界最古の熱帯雨林ウエットトロピックスで、なかでも特に原生林の中を走るキュランダ観光鉄道は世界でも最も人気の高い観光列車の一つである。

ケアンズの街並み
ダーウィン

オーストラリア最北部トップエンドの中心都市で、ノーザンテリトリーの州都である。ダーウィンの名はもちろん有名な自然科学者ダーウィンにちなんでいる。街は小さく市街地にはそれほど有名な見どころはないが、郊外にはカカドゥ国立公園、リッチフィールド国立公園、ニトミルク国立公園などオーストラリアを代表する国立公園があり、有名なクロコダイルワニもダーウィンのマスコット的存在となっている。また、かなり時間はかかるがアリススプリングスへもダーウィンから豪華寝台列車が走っている。

ダーウィンの風景

オーストラリア・シドニー周辺の主な観光地・名所・見どころ

オペラ・ハウス

シドニーが世界に誇る街のシンボルとしてあまりにも有名である。シドニー湾に突き出したヨットの帆がイメージのその独特の外観はシドニーを表す代名詞ともなっている。その名の通りオペラシアターやコンサートホール、その他大規模なスタジオから構成されている。一年中イベントが行われているが、観光客にとってはオペラハウスをバックにした記念撮影が定番となっており内部よりも周辺のほうが賑わっている。シドニーのみならずオーストラリアの象徴とも言えるため旅行者にとっては絶対に外せない必見スポットであることは言うまでもない。

オペラ・ハウス
ハーバーブリッジ 世界遺産

オペラ・ハウスと並んでシドニーを代表する有名建築物であり観光名所である。1932年完成の歴史あるこの橋はシドニー湾をまたぐアーチ曲線の美しさが魅力である。橋は道路だけでなく鉄道も同じ階層に走っており幅が約50mとたいへん広い。そしてこの橋のもう一つの魅力がアーチの部分を歩いて渡るブリッジ・クライムである。スリルと興奮の登頂の後にはシドニーの360度大パノラマが待っている。ビルやタワーの展望台では味わえない感動のこの体験ツアーは予約制で様々な制限や服装規定などがある。

ハーバーブリッジ
シドニー・タワー

シドニーの展望台と言えばこのシドニー・タワーだ。南半球ではオークランドのスカイタワーに次いで2番目の高いタワーである。地上250mの展望台は1000人近くを収容でき2種類の回転レストランもある。展望台屋上ではスリルあるスカイウォークを体験することができる。シドニー市内の全景はいうまでもなく、天気が良ければ西のはるか彼方100km先に世界遺産のブルーマウンテンズを望むことができる。タワー地上階には、有名なガラス細工や土産店を扱うショッピングセンターがある。

シドニー・タワー
タロンガ動物園

シドニーを代表する動物園でオーストラリア最大の規模を誇る。シドニー湾に面した傾斜地にあるため、対岸のシドニー市街地の眺望がとても美しく絵になることで知られており、シドニー旅行者にとってはこの風景が一番の魅力とさえ言えるほどである。シドニー市街地からフェリーで行くのがお勧めである。オーストラリアはコアラ、カンガルー、カモノハシなど固有の動物が生息することで有名であり、この動物園でももちろんそれらを見ることができるが、一般旅行者がコアラを抱くことは法律で禁止されている。

タロンガ動物園
ボンダイ・ビーチ

シドニーを代表する人気のビーチで2000年のオリンピックではビーチバレーの会場にもなった。青い海と白い波を求めて、オーストラリア国内からはもちろん世界各国からサーファーが集まってくる。南半球なので正月にこのビーチで泳ぐことがシドニーの定番の娯楽でもある。アボリジニ語であるボンダイの意味「岩に砕け散る波」の通り、波が比較的高いことがサーフィンのメッカとして人気を高めている。ビーチに沿ったキャンベル・パレードには魅力的なレストランやカフェが集結しており、アフタースイミングも充実である。

ボンダイ・ビーチ
ブルーマウンテンズ

オーストラリアの国立公園で2000年に世界遺産に登録された。シドニー郊外といっても100kmほど離れているが、広大なオーストラリアではシドニー郊外のリゾート地として知られておりシドニーからの日帰りツアーも人気が高い。大自然の壮大な景観はアメリカのグランド・キャニオンと比べられることもあるが、ここブルーマウンテンズは峡谷や奇岩だけでなく緑豊かな熱帯雨林も魅力だ。ケーブルカーやロープウェイが整備されているが、やはりここまで来たらウォーキングを行って迫力ある秘境の魅力を味わいたい。

ブルーマウンテンズ

※随時、情報の収集・更新に努めておりますが、更新後に内容が変更になっている場合もございます。

※最新の情報を確認されたい場合は、直接施設および関係機関等へお問合せいただきますようお願いいたします。

※記載の現地情報の相違に起因するお客様の損害につきましては、責任は負いかねますので予めご了承ください。

オーストラリア格安ツアー・格安航空券

オーストラリア旅行の格安ツアー

【羽田発】

【成田発】

【関空発】

【名古屋発】

【福岡発】

オーストラリアへの格安航空券

羽田発▼

成田発▼

関空発▼

中部発▼

福岡発▼



東アジア

東南アジア

南アジア

中東

ヨーロッパ

アメリカ・オセアニア

渡航関連サイト

  • 訪日旅行
  • 団体旅行 お見積無料
  • グローバルWiFi
  • トラベルタクシープロモーション

世界遺産ナビー・各国観光局