カモメツーリストへようこそ! 海外旅行の格安フリープラン・観光ツアー・格安航空券ならおまかせ!

格安旅行のカモメトラベル > 【カンボジアのビザと格安ツアー】旅費を安くしたい一人旅や家族・団体旅行にも! カンボジアのビザ・格安旅行・観光情報

【カンボジアのビザと格安ツアー手配】カンボジアのビザ・格安旅行・観光情報

カンボジアのアンコールワット

カンボジア旅行と言えば何といってもあの壮大なスケールの世界遺産「アンコールワットの遺跡」が有名ですね♪ 一生に一度は見ておきたい世界の絶景の一つと言えるでしょう。その他にも美しい首都プノンペンや人気急上昇中のビーチリゾートなど見どころがぎっしりです。カンボジアに行くには必ずビザが必要なので、正しくビザを取得して、安心して思う存分アドベンチャーの旅を楽しんできましょう!

カンボジア旅行のためのビザ(査証)取得と渡航手続き

カンボジアの観光ビザ

日本人がカンボジアへ入国する場合には必ずビザが必要。観光が目的の場合は観光ビザ(Tourist Visa)を取得しなければならない。

パスポート
有効期間
シングルビザは発行日より3ヶ月有効。滞在は1ヶ月まで。
マルチプルビザは、最長3年まで有効。1回の滞在は30日まで。
入国回数
シングルビザは、有効期間内の1回に限り入国可能。マルチプルビザは、有効期間中なら何回でも入出国できる。
ビザ申請に
必要な書類
パスポート(存期間がカンボジア入国日より6ヶ月以上あること)
写真(3.5cm×4.5cm)、ビザ申請書
現地での
ビザの延長
滞在延長申請は1回のみ、30日間の延長が可能であるが、事前に可否を確認する必要がある。
条件
注意点など
カンボジアの外務国際協力省がオンラインで直接発行する観光ビザ「E-Visa」もある。外務国際協力省の公式ウェブサイトでのみ申請可能。ただしこちらで申請した場合にはトラブルがあった場合、大使館・領事館での対応は一切不可なので注意すること。また、シェムリアップ空港とプノンペンの空港、陸路の国境でもビザ発給が可能であるが、事前に取得しておくのが望ましい。

カンボジアのビザ取得代行料金
(カモメトラベル特別料金:2017年2月現在)

代行料金取得所要日数
9,0003日

→ お問合せはこちら

上記の料金は、航空券および現地手配と合わせてのお申し込みいただいた際の料金です。ビザ取得のみをお申込みの場合の料金はお問合せください。

「ビザ取得代行」はビザの発給を確約するものではありません。最終的には申請後、各国の大使館、領事館の判断となります。 また、万一ビザの取得ができなかった場合でも料金のご返金はできませんので予めご了承ください。

上記は日本国籍の方の条件、料金です。外国籍の方はお問合せください。

ビザの内容や取得条件等は大使館・領事館の都合により予告なく変更となる場合があります。お申込み時には必ず最新の情報をご確認ください

取得所要日数は、必要書類をお預かりしてから通常に要するおおよその日数です。ビザ申請の内容により実際の取得日数は異なります。また、休館日・繁忙期などの理由で余分に日数がかかる場合もあります。予めご了承ください。

緊急申請の場合には別途追加料金が必要となります。

上記の料金は、手続きに必要な送料込みの価格です。

ビザ申請書の記入事項

カンボジアの観光ビザの申請書には、名前や住所の他、以下のような記入事項がある。

  • カンボジアへ入国する都市名
  • 乗ってきた飛行機の出発地と便名
  • 宿泊するホテル名
  • カンボジア入国の目的・滞在期間
  • カンボジアに入国する日
  • カンボジア入国は今回が初めてか
  • カンボジア国内に在住する親戚など

その他のカンボジアへの渡航前の手続き

カンボジアは治安や衛生事情は日本と比べればかなり劣悪である。安心して旅行するためには、以下の2点について十分に検討しておく必要がある。

予防接種
カンボジア入国に際して必要とされる予防接種はない。しかしながらカンボジア旅行者にとって破傷風とA型・B型肝炎は最も気を付けなければならない伝染病である。心配な人は事前に予防接種について検疫所・診療所に相談をすること。
海外旅行傷害保険
海外旅行に行く場合には旅行傷害保険は必須と考えるべきである。カンボジアで大けがをしたり病気にかかると、医療設備の整ったバンコクやシンガポールに搬送されるケースが多く、この場合必ず支払保証の確認が行われるので、十分な額の海外旅行傷害保険に加入しておく必要がある。

カモメトラベルでは個人旅行はもちろん、社員旅行・修学旅行・新婚旅行・卒業旅行など海外旅行を幅広く取り扱っております。お気軽にお問合せ下さい!

社員旅行・修学旅行・団体旅行・ご人数の多い旅行のお見積りはこちらからどうぞ

カンボジアの概要と主な都市・観光地・名所・見どころ

カンボジアの概要

カンボジア(Cambodia)[カンボジア王国]

インドシナ半島の中央付近に位置し、タイ、ラオス、ベトナムと国境を接する熱帯モンスーン気候の国。歴史的には紀元前に遡る長いアンコール時代と、フランス植民地時代、そして悲惨な激動のシアヌーク~ポルポト時代を経て現在に至っている。観光旅行者にとって一番の魅力は何といってもアンコール遺跡群で、これはアジアで最大級の世界遺産として世界的に注目を集めている。年間を通して高温多湿で「森林の国」と呼ばれるほどの野生の動植物の宝庫であったが、急速な近代化により自然破壊が進んでいる。文化面では、宮廷文化の面影を色濃く残す舞踊や仮面劇が盛んで、は特に有名な「アプサラ・ダンス」は世界中から来る観光客を魅了している。人口の大半をしめるクメール人の信仰は上座部仏教である。

カンボジアを代表するアンコール遺跡
時差
-2時間(サマータイムは採用していない)
言語
公用語はクメール語
使用通貨
リエル(Riel)

カンボジアの主な都市

プノンペン

カンボジア王国の首都で人口100万人を超える大都市。政治・経済の中心地である。アンコールのあるシェムリアップに比べてプノンペンの歴史は浅く、15世紀前半から歴史に登場し1866年に遷都されてから、フランスによって開発され「東洋のパリ」と呼ばれる美しい街並みを持つ都市に発展した。シアヌーク時代には商業が盛んになったが、ポル・ポト政権軍の侵攻により一時はゴーストタウンとなり荒廃した。政権崩壊後、再び力強く立ち直り、多くの外国人観光客を集めるほど近代化が進んでいる。

プノンペン
シェムリアップシェムリアップの格安ツアー・航空券・観光情報

カンボジアの世界遺産であるアンコール遺跡群の観光拠点の都市である。遺跡の時代にはアンコール王国の門前町として栄えていたが現在はカンボジア一の観光都市として世界中から旅行者を集めている。街の中心をシェムリアップ川が流れており、街の機能の中心は川の西側地区であるが最近は東側地区にも外国人旅行者向けの施設が急増している。都市の規模は大きくないが東南アジア第一級の観光都市だけに超高級ホテルやレストラン・カフェなどが驚くほど充実している。しかし街の中心部を外れればのどかな田園地帯が広がっている。南にトンレサップを控えており魚介類の産地としても有名である。

シェムリアップのアンコール・ワット
シアヌークビル(コンポン・サオム)

カンボジアを代表するビーチリゾートの町として知られる。タイランド湾に数キロにわたって続く白砂のビーチと透明度の高いマリンブルーの海が人気で、海外からの観光旅行者が急増している。シュノケリングが楽しめるコッ・ポー島に近いビクトリービーチや、レストラン、カフェが充実したオーチュティルビーチなど、まだまだ開発が進んでいる最中であり、新しいホテルや外国人向けの観光施設が次々とオープンする活況を呈している。この町は漁業の町としても有名で、豊富な魚介類のマーケットめぐりも楽しい。町の中心部はビーチから内陸に入った丘陵地の高台にある。東20kmにはレアム国立公園がある。

シアヌークビル

カンボジアの主な観光地・名所・見どころ

アンコール遺跡群 世界遺産

19世紀に入ってからフランス人によって発見されたクメール帝国の王都で、ジャングルの中にある神秘に包まれた巨大遺跡である。東南アジア最大の歴史遺産の一つとして近年特に人気を集めており、1992年には世界遺産に登録された。一般にアンコール遺跡と言うとアンコールワットが圧倒的に有名であるが、12世紀前半にスールヤヴァルマン2世が建設したヒンドゥー教の寺院がアンコールワットであり、12世紀後半にジャヤヴァルマン7世が建設した仏教寺院がアンコールトムである。両者は隣接しているが後に造られたアンコールトムのほうが規模は大きい。この2大遺跡の他にも周辺に数多くの遺跡がありこれらを総称してアンコール遺跡群と呼ばれている。

アンコール遺跡群
アンコールワット 世界遺産

アンコール遺跡の代名詞ともいえる巨大遺跡でクメール文化の建築・芸術の集大成と言える。シェムリアップの北約5kmの樹海の中にあり南北約1,300m、東西約1,500mの壮大なスケールで回りは最大約200mもの幅の濠で囲まれている。中央神殿へと延びる約500m以上の参道の途中から眺める中央祠堂の三塔の景観がパンフレット等で最もよく紹介され有名である。外側から順に第一回廊、第二回廊、第三回廊に囲まれており、これらの回廊の壁に描かれたヒンドゥ教神話を題材とした浮き彫りの細工が見る者を圧倒する。どの回廊への階段も危険なほど急勾配である。アンコールワットは離れたところから見る外観も大きな魅力の一つであり、特に夜明けと夕暮れの太陽とオレンジ色の空を背景にしたシルエットの美しさは圧巻である。

アンコールワット
トンレサップ湖

カンボジア中央部に位置する巨大な湖であるが、この湖の特徴は季節により面積が大きく変化することであり、メコン川からの流入の多い雨季には乾季の約3倍にも拡大するため「伸縮する湖」と呼ばれる。東南アジアで最も淡水魚が豊富な湖で世界有数の漁獲高を誇るが近年は水質汚濁が進んでいる。水上生活者の様子も見られるトンレサップ湖クルーズが人気のほか、シェムリアップとプノンペンを結ぶスピードボートもこの湖を経由している。

トンレサップ湖

※随時、情報の収集・更新に努めておりますが、更新後に内容が変更になっている場合もございます。

※最新の情報を確認されたい場合は、直接施設および関係機関等へお問合せいただきますようお願いいたします。

※記載の現地情報の相違に起因するお客様の損害につきましては、責任は負いかねますので予めご了承ください。

カンボジア格安ツアー・航空券

カンボジア旅行の格安ツアー

【成田発】

【関空発】

【名古屋発】

【福岡発】

カンボジアへの格安航空券

羽田発▼

成田発▼

関空発▼

中部発▼

福岡発▼



東アジア

東南アジア

南アジア

中東

ヨーロッパ

アメリカ・オセアニア

渡航関連サイト

  • 訪日旅行
  • 団体旅行 お見積無料
  • グローバルWiFi
  • トラベルタクシープロモーション

世界遺産ナビー・各国観光局