カモメツーリストへようこそ! 海外旅行の格安フリープラン・観光ツアー・格安航空券ならおまかせ!

中国旅行・海外旅行・格安航空券のカモメツーリスト
ログイン・新規会員登録

ホーム > お客様からの新ツアーのご提案

お客様からの新ツアーのご提案 イギリス・ロンドン編

カモメトラベルでは、お客様から旅のアイデアを募集しています。これまでに優れた旅行ツアーをご提案いただいたお客様を紹介いたします。今後はこのご提案を元により魅力的なツアーを創造していきたいと考えています。

もも姫様 からのご提案

はい!あります、ありすぎて一つに絞るのが大変ですが、もも姫はやっぱり イギリス、ロンドンです。
理由は5つあります。

①シャーロックホームズの世界を歩いてみたい!
読書という趣味の出会いのきっかけが、コナン・ドイル作の「シャーロックホームズ」シリーズであったこと。ロンドン、ベーカー街221Bに住み、ハドソン夫人のお世話のもと、相棒のワトスン医師との絶妙な掛け合いの会話、そして抜群の緻密で科学的な推理力。みるみうるちに、ホームズの世界に引き込まれました。「緋色の研究」「四つの署名」「まだらの紐」など数々の名作を、皆様も一度は読んだことがあるのでは・・・優秀なのに、それをひけらかすことなく、でもしっかりとプライドを持つホームズに英国紳士を感じたものです。作品に出てくる、当時のイギリスと諸外国との様ざまな関係が垣間見ることができ、世界史を学ぶ前でしたが、とてもその進んだ文明に圧倒された記憶があります。彼らの衣装や風景などを想像し、当時の様子を百科事典などで調べるのが楽しかったですね。

②大英博物館やバッキンガム宮殿など歴史や観光名所を、TVやネットなどで見るのではなく、この自分の眼にしっかりと見ることにより、歴史の息吹を感じ取りたいです。
「死者の書」などエジプト文明の数々を保管している「大英博物館に、その由来や人類の文明の扉をこの手で開けに行くような感覚を味わってみたいです。もちろん、バッキンガム宮殿の近衛兵の交代儀式もばっちりと、お目見えしたいですね。

③ホームスティしてくれた彼女に会いたい。
今から約5年ほど前に、我が家にイギリスの大学生がホームスティに来ました。少しの間でしたが彼女との出会いは、ますますもも姫にロンドンへの憧れを強くしてくれました。東部にある大学で人文学部で学ぶ彼女は、東洋の文化を学んでいるようで、それはそれは日本語が堪能でした。かなりの努力を大学では要求されるようで、なんだか日本の大学生との違いに唖然としたものです。熱心に日本文化を学ブ彼女に、折り紙や、着物やお茶、そして和食や神社訪問など、我が家ができる範囲で日本式のもてなしをしてみました。なんとか彼女と英語で話したく、その前から英会話をラジオ講座で学び始めていましたが、なぜかそれも未だに続いており、英会話を学び始めて5年という月日が経ちました。もう一度彼女に会って、5年の間に少しは上達したかもしれない英語で会話をする、そんな再会をしてみたいです。

④ビートルズの音楽とマリークワントのファッションに代表される、60年代に起こった世界中を巻き込んだある意味芸術革命に原点を訪れたい。
ビートルズの音楽と、ミニスカートで代表されるマリークワントのファッションは、ある意味それまでの時代の音楽や衣装関係に多大なる影響を与え、それが今日までに続いている。その背景はなんなのか?ただ、書物やネットで調べるだけでなく、その土地にいて彼らが求めたものや支えた原点に「触れることは、これからの世界のまた違った味方のヒントになるような気がします。

⑤本場のイングリッシュガーデンを見てみたい!
日本のような、あるがままの姿を生かした自然と人間との共生を望む庭との違い。またイギリス式ならではのガーデニングのポイントなどを、現地の方々との会話の中でうかがってみたいです。

そして何よりも美しい景色とイギリスならでは食べ物と、ハロッズや「バーバリーやウエッジウッドなどでのお買い物だって魅力的です。
毎年、「今年こそ、海外へ」と思うんだけれど、なかなか実現できません。
しかしこの企画のおかげで自分がなぜ海外旅行に憧れるのかが改めてわかりました。
ぜひぜひ、皆様も、海外旅行へGO~

もも姫様、とても熱意のこもったご提案ありがとうございました。ロンドンでへの思い入れのほどが伝わってきます。日本からロンドンへは最低でも10時間以上かかり、アジアに比べれば時間的にもツアー料金的にもお手軽にという感じにはいかないかも知れませんが、見どころの多すぎるイギリスは一生に一度は長期滞在してじっくり味わいたい国の一つであることは間違いありません。「永遠不滅のビートルズを訊ねる旅」だけでも1週間はかかりそうですね。ほかにも「シェークスピア」「シャーロック・ホームズ」「映画007」そしてスコットランドなどテーマを組んだら切りがないほどですね。ベッカムも忘れてはいけません。

今後の改良予定ツアー

ご提案を元に今後下記のツアーの料金設定を基準に、現地でのオプション等の充実を図っていきたいと思います。
「安さそのまま、内容充実」をめざしてがんばりますので、ご期待下さい!

大英帝国の一流 ロンドンの魅力

ロンドン行き 格安航空券

羽田発▼

成田発▼

関空発▼

中部発▼




渡航関連サイト