カモメツーリストへようこそ! 海外旅行の格安フリープラン・観光ツアー・格安航空券ならおまかせ!

格安旅行のカモメトラベル > 【インド旅行はこんなに安く行ける!】旅費を安くしたい一人旅や家族・団体旅行にも! インド旅行の格安ツアー・格安航空券

デリー・インド旅行の格安ツアー・格安航空券・観光情報

インドのラール・キラー

すっかりおなじみになったインド女子旅ですが、スタートはやっぱり首都デリーからでしょう! インドを代表する3つの世界遺産を始め、ムガル帝国の栄華に思いを馳せられる魅惑的な遺産がたっぷりあります! 日本人にとってはデリーの街自体が大きなテーマパークのように感じるでしょう♪ 一方、イギリスによって街づくりが進められたニューデリー地区は夜も楽しいショッピング・グルメの天国です♪

あなたのご希望に合わせてツアーのホテル変更や延泊など予算に合う旅行プランをお見積もり !!
個人旅行も、社員旅行・学生旅行もおまかせ♪

あのホテルがいいんだけど...延泊もしたいな...

デリー[連邦直轄領]

デリーの基本情報

人口
1100万人
フライト
所要時間
概要

インドの首都でニューデリーとオールドデリーに分けられる。歴史のあるのはオールドデリーであり、ニューデリーはイギリス統治下で新しく首都として建設された。数々の王朝がこの地に都を置いたが、ムガル帝国時が最大で歴史的文化遺産もこの時代のものが多い。近世においてはイギリス植民地の影響が大きい。1990年代以降経済の開放化が進んで急速に発展しアジアの近代的都市の仲間入りをしたが、洗練された街並みのエリアと雑多で喧騒なエリアとが混在し多彩な顔を持つ大都市となっている。夏(5.6月)は40度を超える猛暑になるが、冬は比較的快適な気温になる。

デリーのフマユーン廟
気温1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃)21.224.330.236.439.839.735.433.734.133.529.223.8
東京(参考)9.910.413.318.822.825.529.932.128.221.816.912.4
平均最低気温(℃)7.911.015.822.026.128.526.726.324.720.313.48.5
東京(参考)2.52.95.610.715.419.123.024.521.115.49.95.1
時差
-3時間30分(インドは全て-3時間30分)
言語
公用語:ヒンディー語 準公用語:英語 他にカシミール語、タミル語など
空港
インディラ・ガンディー国際空港
  • ムンバイまで直行便で約2時間
  • チェンナイまで直行便で約2時間40分
  • バンガロールまで直行便で約2時間40分
  • コーチまで直行便で約3時間10分
  • コルカタまで直行便で約2時間10分
  • アフマダーバードまで直行便で約1時間30分
  • ハイデラバードまで直行便で約2時間10分
  • ジャイプールまで直行便で50分
  • ゴアまで直行便で約2時間10分
中心駅
ニューデリー駅
  • アグラまで約2時間
  • ジャイプールまで約4時間
インドの
入国ビザ

日本人及び外国人は、観光・商用ともインドに入国する際にビザが必要。ビザは、インド入国日からではなく、発給日より有効となる。

インドのビザ取得代行料金はこちら
ベスト
シーズン
インド旅行、特にデリーやアグラなどインド北部への旅行のベストシーズンは、気候的には10月~3月である。この時期は乾季にあたり平均気温が25℃前後とるため過ごしやすく旅行には最適である。しかしインドらしい猛暑を味わうのもインド旅行の魅力の一つであるという人には、4月~6月の暑季もおもしろいかも知れない。
ツアーの
料金は
いつ安い?
インド旅行のツアー料金の最安値の時期は、4月~5月と11月である。ただしGW(ゴールデンウィーク)期間を除く。このうち4月~5月はインドの猛暑のピークの時期で、旅行者には気候的には厳しい。11月は比較的涼しくなり始めた時期で旅行にも適した時期のため、狙い目である。年末年始は別にして、全体的に10月~12月の時期は比較的ツアー料金が安く、しかも気候的にもほぼベストシーズンである。夏休みとGWおよび4・5連休になった場合の秋の連休はインドの気候に関係なく、日本が大型連休のためツアー料金は高くなる。
旅行プラン
インドの格安ツアーは、ほとんどがデリー・アグラ・ジャイプールのゴールデン・トライアングルを巡る観光付きプランか、またはデリーのホテルに宿泊するフリープランである。5日間ツアーが標準的であり格安ツアーの数も最も多いが、4日間ツアーや6日間ツアー、そして7日間以上のツアーもかなりある。たいていは帰りが機中泊となるので、3泊5日、2泊4日、4泊6日などの形になる。フライトの時間によっては5日間ツアーといっても実質のインド滞在は2日半程度しかない場合もある。有名な世界遺産だけを一通り見るだけならその程度の滞在でも足りるが、インドの魅力をじっくり味わいたい場合はもう少し長く滞在したい。高速鉄道が発達していないため、陸路での都市間移動には数時間かかることを計算に入れて観光スケジュールを立てなければならない。
服装の準備
デリーやアグラなどインド北部の平地だけを訪れるなら、一年のうち大半の時期は真夏の服装でよいが12月~2月は朝晩はかなり冷え込むので薄手の上着があったほうがよい。また冷房は効きすぎの場合が多いので対策をしておいたほうがよい。女性は肌の露出が多いものは避けること。高原や避暑地帯へ行くならセーターやウィンドブレーカーが必要である。
治安と衛生
インドは全地域にわたって治安は決して良くない。凶悪な犯罪はあまり多くはないが、旅行者を狙ったスリや置き引き、詐欺などの犯罪は非常に多い。混雑した車内や観光名所でスリや置き引きが多いが、レストランで食事中に荷物から目を離した隙に盗まれるケースも要注意である。衛生面では、水道水は殺菌消毒されていないので絶対に飲んではならない。
チップ
インドは基本的にチップの習慣はない。特別なサービスや手間に対してだけ気持ち程度に支払えばよい。
電圧
インドの電圧はほとんどの地域が220V/50Hz、プラグも日本とは違うため変換プラグと変圧器が必要。ただし電圧が安定せず停電も多いので注意。
旅行注意点
スリや置き引き以外にインドで多いのが、睡眠薬強盗である。現地で親しくなった人から飲食物をすすめられたら常に警戒しなければならない。飲食店へ連れて行かれても店員がグルの場合もある。飲み物だけではなくクッキーやビスケット、飴やアイスクリームなど食べ物に睡眠薬が混入されていることも多い。
通貨
ルピー[Rs] 補助単位はパイサー[P]

カモメトラベルでは個人旅行はもちろん、社員旅行・修学旅行・新婚旅行・卒業旅行など海外旅行を幅広く取り扱っております。お気軽にお問合せ下さい!

社員旅行・修学旅行・団体旅行・ご人数の多い旅行のお見積りはこちらからどうぞ

観光地・名所・見どころ

クトゥブ・ミナール  世界遺産

インドで最も古いイスラム遺跡で世界遺産に指定されている。高さ72.5mの5層の塔にはイスラム教の聖典・コーランの言葉のレリーフが刻まれている。それよりさらに高い塔になる予定だった未完のアライ・ミナールも近くにある。またインドで最初のモスクであるクワットゥル・イスラム・モスクもある。クトゥブ・ミナール遺跡はそれ以前のヒンドゥー教遺跡を壊しながら造られたため、ガネーシャの像などが残っている場所もある。

クトゥブ・ミナール
フマユーン廟  世界遺産

ムガル帝国の2代目の皇帝であるフマユーンの墓で世界遺産。有名なアグラのタージ・マハルと外観が似ているが建設されたのはこちらが先。タージ・マハルのほうがフマユーン廟をモデルとしたと考えられている。白い屋根のドームを持つ左右対称の廟はイスラム建築の傑作と言えるが、インドらしい幾何学的な美しさを誇る庭園・チャハルバーグもまた見事である。フマユーンの墓は建物中央の白い大理石であるが、棺は地下に置かれている。

フマユーン廟
ラール・キラー(レッド・フォート)  世界遺産

5代目の皇帝であるシャー・ジャハーンが建設した要塞で世界遺産。クトゥブ・ミナール、フマユーン廟と並んでデリーを代表する観光名所である。赤い砂岩で築かれているため、赤い砦、レッド・フォート、デリー城と呼ばれることもある。シャー・ジャハーンはアグラからデリーに首都を戻しオールドデリーの基礎を築いた。イギリス統治時代に長らく軍事施設となっていたがセポイの反乱宮殿は破壊された。今でもインドの独立記念日にはここで式典が行われる。

ラール・キラー(レッド・フォート)
ジャマー・マスジット

インド最大規模のイスラム教のモスク。ムガル帝国時代の白い大理石と赤い砂岩が美しい対称をなしている。北と南の2本の高いミナレット(塔)があるが、南のミナレットは頂上に登ることが可能である。そこからのデリー市内の眺望は素晴らしいが、イスラム教の神聖な場所のため入場するためには服装などに規定がある。モスクの周辺は庶民感覚あふれる露店や土産物店が集まっていて雑多なにぎわいをなしている。

ジャマー・マスジット
インド門

パリの凱旋門に似た門であるが、これは第一次世界大戦における戦死者を慰霊するための碑である。門の内側には戦没者の名前が刻まれている。ムガール帝国時代だけでなく近代にも戦争の悲惨な歴史がインドのもあることを知らされる慰霊碑である。

インド門

デリー近郊の観光地・名所・見どころ

タージ・マハル  世界遺産

インドで最も有名な観光名所であり、世界的にも第一級の世界遺産である。ムガル帝国5代皇帝シャー・ジャハーンが亡くなった妻のために22年の歳月と莫大な費用を費やして建設した巨大な墓である。大理石の壁には世界中から集められた貴石がちりばめられている。四隅のミナレットは高さが43mあり霊廟との位置バランスも完璧でシンメトリックの美の極致と言える。さらに十字形になった水路を持つムガル様式の広大な庭園も素晴らしい。

タージ・マハル
アグラ城  世界遺産

ムガル帝国のアクバルが築いた赤砂岩の堂々たる城。こちらも世界遺産である。歴代の皇帝によってたびたび拡張されたため、城内はたいへん広くモスクや宮殿で働く人の住居などがあった。タージ・マハルを造ったシャー・ジャハーンが幽閉されたムサンマン・ブルジュがここにあり、そこから見るとタージ・マハルはヤムナー河に浮かんでいるように見える。

アグラ城

※随時、情報の収集・更新に努めておりますが、更新後に内容が変更になっている場合もございます。

※最新の情報を確認されたい場合は、直接施設および交通機関等へお問合せいただきますようお願いいたします。

※記載の現地情報の相違に起因するお客様の損害につきましては、責任は負いかねますので予めご了承ください。

デリー・インドへの格安ツアー・格安航空券

おすすめ デリー・インドツアー

羽田発 観光プラン

成田発 観光プラン

成田発 フリープラン

おすすめ デリー行き格安航空券

羽田発▼

成田発▼

関空発▼

中部発▼

福岡発▼



東アジア

東南アジア

南アジア

中東

ヨーロッパ

アメリカ・オセアニア