カモメツーリストへようこそ! 海外旅行の格安フリープラン・観光ツアー・格安航空券ならおまかせ!

ホーム > 【シンガポール旅行はこんなに安く行ける!】旅費を安くしたい一人旅や家族・団体旅行にも! シンガポール旅行の格安ツアー・格安航空券

シンガポール旅行の格安ツアー・格安航空券・観光情報

シンガポールのマーライオンと高層ビルの風景

今も昔も日本人に大人気の海外旅行先であるシンガポールは摩天楼と緑にあふれた景観を持つ国際色豊かな都市です。高層ビルが林立する近未来的な街と、複数の民族が暮らすエスニックで下町情緒あふれるエリアが隣り合い、独特の魅力を作り出しています。さらに郊外にはトロピカルな自然が広がっています。マーライオンが誘うこの街の超高級ホテルも驚くほど安い料金のツアーで泊れるようになりました♪

あなたのご希望に合わせてツアーのホテル変更や延泊などアレンジにも柔軟に対応いたします♪
個人旅行も、社員旅行・学生旅行もおまかせ !!

あのホテルがいいんだけど...延泊もしたいな...

シンガポール [都市国家]

シンガポールの基本情報

人口
470万人
フライト
所要時間
概要

赤道直下に位置する本島と60の小さな島からなる独立都市国家。1819年にイギリスのラッフルズ卿が上陸したのが始まりでその後、自由貿易港として発展した。中国系、マレー系、インド系など多民族国家の多様性がこの国を東南アジアの政治・経済・観光の中心地としての地位と文化を作り上げた。面積は日本の淡路島ほどだが、高層ビルの摩天楼から自然豊かな森まで変化に富んでおり、ショッピングやグルメだけでなく、動植物あふれる緑の楽園と海洋リゾートでも高い人気を集めている。

シンガポールのマーライオン像から噴き出る噴水と背後にそびえる超高層ビルの風景
気温1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃)30.231.131.631.531.330.930.830.931.230.730.629.9
東京(参考)9.910.413.318.822.825.529.932.128.221.816.912.4
平均最低気温(℃)23.423.624.524.824.724.624.324.224.023.823.723.4
東京(参考)2.52.95.610.715.419.123.024.521.115.49.95.1
時差
-1時間
言語
公用語は英語だが、マレー語・中国語も使われている
空港
シンガポール・チャンギ国際空港
  • クアラルンプール直行便で約1時間
  • バンコクまで直行便で約2時間30分
  • プーケットまで直行便で約1時間45分
  • コタキナバルまで直行便で約2時間30分
  • ペナンまで直行便で約1時間25分
  • ジャカルタまで直行便で約1時間40分
拠点とする
航空会社
中心駅
シンガポール駅
  • ジョホールバルまで約50分
  • クアラルンプールまで約6時間30分

知っておきたい シンガポール旅行のアドバイス

ベスト
シーズン
シンガポール旅行のベストシーズンは、気候的には晴れの日が多い3月・4月である。ショッピングが目的ならばシンガポール最大のバーゲン「グレート・シンガポール・セール」が開かれる5月~7月がチャンスである。1月~2月の「チャイニーズ・ニューイヤー・ライトアップ」と12月のオーチャード・ロードの「クリスマス・イン・ザ・トロピックス」も見ものである。
ツアーの
料金は
いつ安いか
シンガポール旅行の最安値の時期は、たいてい10月であるが、9月中旬~下旬、1月中旬~3月上旬、また4月のGW(ゴールデンウィーク)前もかなり安い。逆に年末年始がずば抜けて料金が高く、次いで夏休み期間が高い。GWと秋の5連休(シルバーウィーク)は当然高いが、ベストシーズンである春休み期間はそれほど高くはない。
旅行プラン
シンガポール旅行はアレンジ自由な激安ツアーも多いので、様々な日程が考えられる。面積が狭くしかも交通手段が整っているため移動時間が短くて済むのが、シンガポール旅行の一番便利なところである。そのため市内観光とショッピング、郊外のレジャーを合わせても3泊4日あれば、十分に主要な見どころは回れる。急げば2泊3日でも回れないことはない。ただし激安ツアーの中には1泊3日や2泊4日のパターンもあり、低予算内に納めるのにはおすすめのチャンスだが、現地の滞在時間がどれくらいになるかはしっかり確かめる必要がある。
服装の準備
年間を通して日本の真夏の服装でよい。シンガポールは高温多湿であるため、風通しのよい素材の服装がベスト。ただしMRTの車内や多くのショッピング施設の冷房は効きすぎているため、上に羽織るものを用意しておいたほうがよい。
治安と衛生
東南アジアの海外旅行先としてはシンガポールは最も治安のよい国である。全域が開発された近代的な市域のため、特に危険なエリアというのもない。ただし日本人旅行者を狙ったスリや置き引き、金銭的な詐欺などは頻繁に発生しているので、気を緩めないようにしたい。水道水は飲んでもほぼ問題は無い。市街地は清潔な公衆トイレが整備されており困ることは無い。
チップ
不要。シンガポールはサービス税が導入されているため、ホテルやレストランの請求額にはサービス料が含まれている。
電圧
日本の電化製品はそのままでは使えない。海外旅行用の変圧器などが必要。電圧220~240V 周波数50Hz
営業時間と
休業日
銀行は平日9:30~15:00、土曜9:30~11:30、日・祝休み
郵便局は平日8:30~17:00または9:30~18:00、土曜8:30~13:00または9:30~15:00、日・祝休み
観光施設は通常9:00~17:00 無休のところが多い
ショッピング施設、レストラン・カフェは大半が日・祝も営業
旅行注意点
シンガポールは罰則が厳しいことで有名であり、海外旅行者も対象となる。旅行者が犯しやすい主な罰則対象の行為は、ゴミのポイ捨て、つばの吐き捨て、指定場所以外での喫煙、ガムやキャンディも含む交通機関内での飲食、タクシー乗車時のシートベルト不着用、公共トイレの水の流し忘れ など。
通貨
シンガポール・ドル[S$][SGD] 補助単位はシンガポール・セント[S¢]

カモメトラベルでは個人旅行はもちろん、社員旅行・修学旅行・新婚旅行・卒業旅行など海外旅行を幅広く取り扱っております。お気軽にお問合せ下さい!

社員旅行・修学旅行・団体旅行・ご人数の多い旅行のお見積りはこちらからどうぞ

観光地・名所・見どころ

マーライオン公園

シンガポールの街のシンボルが何と言ってもこのマーライオンである。1972年に当時の首相の提案で造られて以来、この像はシンガポールの街と切っても切り離せないほどの存在になっている。上半身がライオン、下半身が魚という伝説の動物である。シンガポールのシンガとはライオンの意味である。この公園では高さ8mのマーライオンが口の部分が噴水になっており、勢いよく海水を噴き出している。その少し後ろにはかわいい小さなミニマーライオンもある。シンガポールを代表する記念撮影のスポットとして一日中観光客が絶えない。

マーライオン公園
ラッフルズ卿上陸地点

シンガポール川の畔にこの街の繁栄の基礎を築いたサー・トーマス・ラッフルズ卿の像立っている。東インド会社副総裁の彼が1819年に初めてこの地を踏んだ記念の地であり、中継貿易都市シンガポール発祥の地である。すぐ近くからはシンガポール川の遊覧船「シンガポール・リバー・クルーズ」も出ているので、ラッフルズ卿上陸によって生まれ、その後大変貌を遂げたシンガポールの街並みを川面から眺めて歴史に思いを馳せるのも楽しい。ラッフルズ像はビクトリア・コンサートホール&シアター前にもあるが、こちらは黒い像で好対照である。

ラッフルズ卿上陸地点
ラッフルズホテル

シンガポールの迎賓館とも言える名門ホテルで、今も昔も変わることなく世界各国からVIPを迎え入れている。サマセット・モームやチャップリンなど歴史上の著名人の多くが宿泊した。イギリス植民地時代の面影を残すコロニアル調の白亜のホテルである。創立は1887年で100年以上の歴史を誇りシンガポールの国宝にも指定されている。宿泊客以外は立ち入りできない場所が多い。敷地内にはホテルの歴史を物語るラッフルズホテル博物館や、ミュージカルや演劇、映画上映などが行われているジュビリー・ホールがある。

マリーナベイ・サンズ
セント・アンドリュース大聖堂

ラッフルズ卿の命により1856年~1863年にかけて建築された教会で現役の教会としては東南アジアで最も古いイギリス国教会の教会である。青い空に向かってそびえる純白の尖塔がひと際目立つ。光を受けて美しく輝くステンドグラスが組み込まれたゴシック建築の聖堂内ではひざまずいて祈りを捧げる信者の姿が見られる。常夏のシンガポールにあってもこの教会内部に入ると厳かな雰囲気も相まってひんやりとした空気を感じることができる。夜にはライトアップされ白亜の美しい外観が浮かび上がる。

セント・アンドリュース大聖堂
チャイナタウン

中国の伝統と文化が息づくチャイナタウンは19世紀初頭に中国人系住民が移住して開拓したエリアだ。昔の多数の屋台を一か所に集めて造られたチャイナタウン・コンプレックスを中心に活気あふれるストリートが並び町の至る所で中国語が飛び交っている。中国寺院であるシアン・ホッケン寺院もあればイスラム教のアル・アブラー・モスクもあり、さらにヒンドゥー教のスリ・マリアンマン寺院もあるというカオスぶりを呈しているが、そこがエスニック感覚あふれるシンガポールらしいところである。

チャイナタウン
オーチャード・ロード

シンガポール随一の繁華街として有名。オーチャードとは果樹園という意味で、昔は果樹園を持った高級住宅地だったが現在はブランドブティックが並び、有名ブランド、雑貨、カフェなどショッピングとグルメ天国になっている。買い物目当ての観光客にとってはこここそがシンガポールの中心地である。2009年にオープンした大規模ショッピングセンターのアイオン・オーチャードを始め、大型施設や巨大ホテルが目白押しで日中も夜も多くの人で賑わっている。オーチャード・ロードの先には熱帯植物の宝庫ボタニック・ガーデンがある。

オーチャード・ロード
マリーナ ベイ サンズ

シンガポールを代表する総合リゾートホテルで2010年に開業した。コンベンションセンターや美術館、映画館など多くの施設を併せ持っている。本場ラスベガスの会社が運営し、単独としては世界最大のカジノリゾート施設となっている。高さ約200mの3棟の超高層ホテルの上にスカイパークと呼ばれる船のようなテラスが載った外観は世界でも類を見ない独創的なものであり、一度見たらその形を忘れることはない。屋上の空中庭園は宿泊者以外でも入場でき、シンガポールを一望できる展望台として観光名所になっている。

マリーナベイ・サンズ

郊外の観光地・名所・見どころ

セントーサ島

シンガポール本島から800mほど離れた海上に浮かぶ東西4km、南北1.5kmのリゾートアイランド。シンガポール政府が積極的に開発を進めてきた島である。島のあちこちにレジャー施設やアトラクション、ホテルなどが配置されている。「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」、アジア有数の熱帯海洋水族館「アンダーウォーター・ワールド」、アジア随一の世界昆虫館、シンガポールの歴史と文化を紹介する「イメージズ・オブ・シンガポール」など多彩なプレイスポットはとても1日では回りきれない。

セントーサ島

旅行者に人気のラグジュアリーホテル

ザ・リッツ・カールトン・ミレニア シンガポール

マリーナスクエア地区に位置する32階建の最高級ホテル。標準タイプの客室でも50㎡とスイートルーム並みの広さを誇り、数あるシンガポールのホテルの中で最大級である。床からの位置が高いベッドからシンガポールのスカイラインを一望することができる。ほとんどの客室に46インチ壁掛け式薄型テレビを備えている。八角形の大きな窓があるバスルームは全室シャワーとバスタブが独立している。館内には4,200 点の現代アートのコレクションが飾られ、屋外の庭園では熱帯植物、岩、滝が屋外プールを囲んでいてリゾート気分を満喫できる。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ザ・リッツ・カールトン・ミレニア シンガポール
シャングリラ ホテル シンガポール

シャングリラホテルズ&リゾーツのフラッグシップである最高級ホテルである。タワーウイング、ガーデンウイング、バレーウイングの3つのウイングで構成され、バレーウイングには世界のVIPが宿泊している。敷地内の熱帯植物楽園では133,000本を超える植物が栽培され、庭園内の滝のある池には200を超える赤や金の日本の鯉が泳いでいる。広い客室の床から天井まである窓からはプールや吹き抜け、街の眺めが楽しめ、大理石のバスルームには深めの浴槽と独立したシャワーがある。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

シャングリラ ホテル シンガポール
マリーナ ベイ サンズ

2010年に開業したシンガポールの総合リゾートホテルで、コンベンションセンターや美術館、映画館など多くの施設を併せ持っている。本場ラスベガスの会社が運営し、単独としては世界最大のカジノリゾート施設となっている。高さ約200mの3棟の超高層ホテルの上にスカイパークと呼ばれる船のようなテラスが載った外観は世界でも類を見ない独創的なものであり、一度見たらその形を忘れることはない。屋上の空中庭園は宿泊者以外でも入場でき、シンガポールを一望できる展望台として観光名所になっている。
【詳細情報はこちら...】

マリーナ ベイ サンズ
マンダリン オリエンタル シンガポール

シンガポールの美食とエンターテイメントの中心地「マリーナ ベイ」に位置する21階建の超高級ホテル。オリエンタルな雰囲気とラグジュアリーな快適性が融合した客室は最小でも33㎡の広さがあり、ほとんどの客室では床から天井までの大きな窓から海と街の景観を楽しむことができる。花崗岩を使用したバスルームにはウォークインシャワーと独立したバスタブが設置されている。旧名はザ・オリエンタル シンガポール。同じシンガポールの「メリタス・マンダリン・シンガポール」と「マリーナ・マンダリン・シンガポール」とは別ホテルである。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

マンダリン オリエンタル シンガポール
ザ セントレジス シンガポール

オーチャードロードの近くに位置する超高級5つ星ホテル。アジアでも最高級の美術品のプライベートコレクションを所蔵し、クリスタルシャンデリアやオリジナルアートなど芸術的でエレガントな雰囲気に満ち溢れている。客室は最小でも50㎡の壮大で高級感あふれる優雅な空間となっており、フランス産の大理石のバスルームにはフリースタンド型バスタブと独立したジェットマッサージシャワーが配されている。バトラーサービスはお客様一人ひとりのニーズに合わせ24時間対応する。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ザ セントレジス シンガポール
シェラトン タワーズ シンガポール

街の中心部のスコッツロード沿いに位置する21階建ての5つ星ホテル。人気の屋外フードコートであるニュートンサーカスや、有名なオーチャードロードのショッピング街まで徒歩3~5分圏内であるが、周辺は高級住宅エリアのため繁華街に近いながらも静かな環境が保たれている。美しい緑樹の絶景を望む、床から天井まで届く窓を備えたタワーズエグゼクティブラウンジが豪華さを盛りたてる。客室は最小でも30㎡以上の広さ。フィットネスセンターは24時間オープンしている。
【詳細情報はこちら...】

シェラトン タワーズ シンガポール
フェアモント シンガポール

大型ショッピングセンターやオフィスタワーで構成されるラッフルズシティショッピングセンターの一角にある最高級ホテル。メタリックシルバーの26階建ての円筒形の外観はランドマークとなっている。ノースタワーとサウスタワーの2つの建物からなり、最小でも38㎡以上の広さを持つ客室は全室バルコニー付きである。隣接する同グループの70階建の超高層ホテル「スイソテル・ザ・スタンフォード」と飲食施設を共有している。
【詳細情報はこちら...】

フェアモント シンガポール
グッドウッド パーク ホテル

シンガポールに行ったら、一度は泊まりたい大人気の5つ星最高級ホテル。1900年のイギリス植民地時代に建てられた独特のコロニアル調の建物は、シンガポールの文化財にも指定されており、ドイツの城をイメージしたトンガリ屋根がランドマークとなっている。オーチャード通りとスコッツ通りの繁華街から近い立地も魅力。温かく穏やかな雰囲気の客室では、色の調和に配慮した贅沢な家具とホテルの敷地の美しい眺めが楽しめる。ドリアンを使用したお菓子でも知られている。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

グッドウッド パーク ホテル
ザ リージェント シンガポール - ア フォーシーズンズ ホテル

オーチャード地区の閑静な住宅街に位置する高級感あふれるエレガントな5つ星ホテル。シンガポール植物園のすぐ近くである。経営がフォーシーズンズホテルグループのため、ホテル名の後半にフォーシーズンズの名が付いているが、ホテル自体はリージェントホテル&リゾートの伝統を残しており、見事なアトリウムのロビーとティーラウンジの有名な3段トレーのハイティーは健在である。「フォーシーズンズホテル シンガポール」とは別のホテルである。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ザ リージェント シンガポール - ア フォーシーズンズ ホテル
マンダリン オーチャード シンガポール

オーチャードロードのショッピング地区の中心に位置し、シンガポールを代表する5つ星として昔から有名なホテルである。40階建てのオリエンタルスタイルのメインタワーと38階建てのアメリカンスタイルのオーチャードウィングからなり、総客室数1051室の規模を誇る。最上階には回転レストランがあり、シンガポールの全景はもちろんのこと、天気の良い日にはインドネシア領の島々まで望むことができる。旧名メリタス・マンダリン・シンガポール
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

マンダリン オーチャード シンガポール
パン パシフィック オーチャード ホテル

高級住宅地のクレイモア・ロードに位置する5つ星高級ホテル。エンターティンメント&ショッピング街のオーチャード・ロードに近く、ショッピング派には最適な立地である。客室はベージュとブラウンの落ち着いた色合いのオリエント風に統一された内装で、豪華なパネル張りの壁が高級感を醸し出している。日本人向けサービスとして日本語新聞、NHKの視聴が可能となっている。また女性専用のフロアもある。旧メリタスネガラホテル。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

パン パシフィック オーチャード ホテル
マリーナ マンダリン ホテル

マリーナ地区を代表する老舗の5つ星ホテルで、名前の通り上層階の客室からは美しいマリーナ・ベイを眺めることができる。客室は全室バルコニー付きで、シャワールームとバスタブが仕切られている。巨大な吹き抜けのロビーは「東洋一のアトリウムラウンジ」と呼ばれ有名である。24時間ご利用可能なフィットネスセンター・アウトドアプールもある。シンガポール唯一のリーディングホテル・イン・ザ・ワールドのメンバー。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

マリーナ マンダリン ホテル
ヨーク ホテル

オーチャードロード近くのマウント・エリザベスの高台に位置する4つ星中級ホテルで、日本人利用者が多いことで知られる。主要なショッピングエリアとエンターテイメントエリアへのアクセスが抜群でありながら、周辺は静かな環境にある点が魅力。客室はベージュや茶色のファブリックに上品な家具が配置され優しい雰囲気にまとめられている。チキンパイが有名なカフェがある。同じ敷地にある最高級ホテル「グッドウッド・パーク・ホテル」の姉妹ホテルである。
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

ヨーク ホテル
ロイヤル アット ニュートン

オーチャードロードの北のMRTニュートン駅とノベナ駅の中間に位置する観光にもビジネスにも便利なホテル。ユナイテッド・スクエア・ショッピングセンターはすぐ向かい、また有名な屋台村「ニュートンサーカス」も徒歩圏内でありショッピングとグルメの周辺環境も良い。館内にある24時間営業のコーヒーハウス「Trishaw」では地元料理やデザートが楽しめる。客室は豪華ではないが広さは十分である。
【詳細情報はこちら...】

ロイヤル アット ニュートン
パークロイヤル オン キッチナー ロード

リトルインディア地区の近くに位置するアメリカンタイプの27階建のホテルである。有名なヒンドゥー教寺院のスリ・ヴィラマカリアマン寺院がそばにあり、客室の窓からもリトルインディアの情緒漂う街並み見渡せる。また周囲には24時間営業の巨大ショッピングセンター・ムスタファストアもあり買い物には便利である。客室はベージュで統一された落ち着いた雰囲気である。このホテルは特に朝食が充実していることで有名である。旧ニューパーク・ホテル
【詳細情報はこちら...】

パークロイヤル オン キッチナー ロード
V ホテル ラベンダー

シンガポールの中でインドの香りあふれるエキゾチックなリトルインディア地区に2011年にオープンした15階建の大型4つ星ホテル。 シンガポール国立博物館やシンガポール美術館、世界最大級の観覧車シンガポール・フライヤーなどに近く観光には最適の立地である。部屋はシンプルでコンパクトながら32インチ液晶テレビやノートパソコン収納型セーフティボックスを備えるなど設備が充実している。屋上テラスからは街の景色を見渡せるほか、1階には24時間営業のフードコートがあり便利。
【詳細情報はこちら...】

V ホテル ラベンダー
クオリティ ホテル マーロウ

シンガポールの中でローカル色の強いバレスティアロード沿いにあるホテル。リトルインディアとセントラルの中間に位置しており中心部からは少し離れている。高速道路に近いので車でのアクセスは便利である。モダンな白い外観はおしゃれで、客室はシンプルながらも温かみのあるトーンのインテリアで揃えられており、落ち着いた雰囲気である。ファブリックを使用したベッドが配されている。「Qualityカフェ」では、台湾のお粥などアジア料理が充実している。旧名はクオリティ ホテル シンガポール
【詳細情報と格安ツアーはこちら...】

クオリティ ホテル マーロウ
ホテル ロイヤル アット クイーンズ

シンガポールでも歴史あるシビック地区のクイーンズストリートに面した16階建のホテル。周辺には国立博物館やアートミュージアムを始め、シンガポールの歴史的建造物が多く集っており落ち着いた雰囲気である。客室はカーペットフロアにアイボリー系の内装のシンプルでカジュアルな造りである。もともとオールソンホテルの別館(Queens Tower)として建てられた建物であるため、2階部分でオールソンホテルと繋がっており建物内で移動が可能となっている。
【詳細情報はこちら...】

ホテル ロイヤル アット クイーンズ

※随時、情報の収集・更新に努めておりますが、更新後に内容が変更になっている場合もございます。

※最新の情報を確認されたい場合は、直接施設および交通機関等へお問合せいただきますようお願いいたします。

※記載の現地情報の相違に起因するお客様の損害につきましては、責任は負いかねますので予めご了承ください。

シンガポールの格安ツアー・格安航空券

おすすめ シンガポール格安ツアー

フリープラン
中国東方航空で行く4日間

羽田発 フリープラン

成田発 フリープラン

関西発 フリープラン

中部発 フリープラン

福岡発 フリープラン

おすすめ シンガポール行き格安航空券

羽田発▼

成田発▼

関空発▼

中部発▼

福岡発▼



東アジア

東南アジア

南アジア

中東

ヨーロッパ

アメリカ・オセアニア