カモメツーリストへようこそ! 海外旅行の格安フリープラン・観光ツアー・格安航空券ならおまかせ!

格安旅行のカモメトラベル > 【ロサンゼルス旅行はこんなに安い!】旅費を安くしたい一人旅や家族・団体旅行にも! ロサンゼルスの格安ツアー・格安航空券

ロサンゼルス旅行の格安ツアー・格安航空券・観光情報

サンタモニカのゲート

全米一のエンターテイメントシティと言えばロサンゼルスであることは言うまでもありません! カリフォルニアを代表するこの街は日本から最も近いアメリカ本土の大都会として抜群の人気を誇っています。数々の映画やテレビ番組の舞台となった、世界一の映画&テーマパーク都市へ、今度はスクリーン上ではなく本物の世界を一度訪れてみましょう♪ 羽田・成田・関空からの格安直行便が充実しています!

あなたのご希望に合わせてツアーのホテル変更や延泊などアレンジにも柔軟に対応いたします♪
個人旅行も、社員旅行・学生旅行もおまかせ !!

あのホテルがいいんだけど...延泊もしたいな...
お問合せはこちら

ロサンゼルス(ロスアンゼルス)LA [カリフォルニア州]

ロサンゼルスの基本情報

人口
380万人
フライト
所要時間
概要

アメリカ第2の人口規模を誇る広大な面積をもつ多民族世界都市。「まぶしい太陽が降り注ぐアメリカ西海岸の天使の街」として海・ビーチ・映画・テーマパークなど世界中に夢を送り続ける都。特に映画の都「ハリウッド」は世界的にあまりにも有名で「ビバリーヒルズ」はスターや富豪の高級住宅地の代名詞となっている。またその映画産業と深く結びついているテーマパークも全米一・世界一の集積地である。さらに地中海性の快適な気候と太陽輝くビーチリゾートもこの都市を魅力あるものにしている。アジア地域からは最も近いアメリカ本土であるため特にアジアからの観光客が多い。

ロサンゼルスの街から見たハリウッドサイン
気温1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
平均最高気温(℃)18.819.018.920.220.922.524.424.824.723.821.518.9
東京(参考)9.910.413.318.822.825.529.932.128.221.816.912.4
平均最低気温(℃)8.89.710.411.913.515.617.418.017.315.311.88.8
東京(参考)2.52.95.610.715.419.123.024.521.115.49.95.1
時差
-17時間 サマータイム(デイライト・セービング・タイム)は-16時間
言語
英語(米国)
空港
ロサンゼルス国際空港
  • アトランタまで直行便で約4時間
  • シカゴまで直行便で約4時間30分
  • ダラスまで直行便で約3時間30分
  • ソルトレークシティまで直行便で約1時間50分
  • サンフランシスコまで直行便で約1時間30分
  • シアトルまで直行便で約2時間50分
  • ラスベガスまで直行便で約1時間15分
  • フェニックスまで直行便で約1時間20分
  • サンディエゴまで直行便で約1時間
  • サンノゼまで直行便で約1時間20分
  • ホノルルまで直行便で約6時間
中心駅
ユニオン駅
  • サンフランシスコまで約12時間(アムトラック)
  • シアトルまで約34時間(アムトラック)
  • シカゴまで約42時間(アムトラック)
入国ビザ
(ESTA)

日本人がアメリカへ短期の観光や商用の目的で入国する場合には、ビザは必要無いが、その代わりに必ず電子渡航認証システム(ESTA)の認証を済ませる必要がある。有効期間はESTA承認から2年間またはパスポートの有効期限までで、1回の滞在期間は90日以内。有効期間内なら何回でも入出国できる。

アメリカのビザ(ESTA)取得代行料金はこちら

知っておきたい ロサンゼルス旅行のアドバイス

ベスト
シーズン
年間を通して穏やかで爽やかな晴れの日が多いため、ロサンゼルス旅行のベストシーズンはほとんど一年中と言ってもよい。しかし中でも6月は日本のじめじめとした梅雨とは好対照の気候で、しかもツアー料金も安価とあってまさにロサンゼルス旅行のオススメ月と言える。最もロサンゼルスらしいのはやはり7月・8月の夏であるが、強い日差しと乾燥が結構きついと感じることもある。11月~3月は比較的雨や曇りの日が多い時期であるが、サンクスギビング・デー(感謝祭)やクリスマスなど旅行者には魅力的なイベントが多い。
ツアーの
料金は
いつ安いか
ロサンゼルス旅行の最安値の時期は、1月中旬~3月前半、春休み直後の4月の前半、そしてGW(ゴールデンウィーク)明けから6月下旬までである。反対に最も高いのが年末年始で、次いで夏休み、GWおよび秋の5連休(シルバーウィーク)の順に高い。
旅行プラン
ロサンゼルス旅行に関しては、ほとんどの激安ツアーはアレンジ自由なフリープランである。ツアーの日程としては5日間または6日間プランが標準だが、4日間のプランもある。いずれにしても延泊のアレンジをすることによって滞在日数を延ばすことができる。ただしフライト時間が9~10時間かかり、さらに時差も大きいため3泊5日や4泊6日などの機中泊を含めたパターンになることが多く、しかも日付変更になるので日本でのスケジュール日程を間違えないように注意しなければならない。ロサンゼルスでとりあえず見どころを巡りたいなら、まるまる使える中3日は欲しい。
服装の準備
夏はもちろん半袖の服装でよい。日差しが強いので帽子やサングラスがあったほうが良い。冬の日中は日本(東京)よりかなり暖かいのでコートなどは不要であるが、朝晩はある程度冷え込むので厚手のジャケットなどが必要。
治安と衛生
ロサンゼルスの治安は一時期に比べると近年はやや改善傾向にあるが、それでも東京の治安とは比べ物にならない。街を歩くときは常に緊張感を持って行動しなければならない。どこのエリアでも夜や人通りの少ない路地には足を踏み入れないことは常識で、基本的に観光ポイントとある程度大きな通りだけを歩くようにしたい。また空港や駅、テーマパーク内はもちろん、ホテルのロビーやレストランなどでも置き引きやスリが多発しているので注意が必要。レンタカーを狙った犯罪も多いのがロサンゼルスの特徴。衛生面では、水道水は飲用可能であるが日本人のお腹には合わない場合もある。公衆トイレはあまり清潔でなく治安の面からもおすすめできない。
チップ
アメリカではチップが習慣となっている。もちろんロサンゼルスでもホテル、レストラン、タクシーなど海外旅行者が利用する施設の多くでチップを渡すのが常識である。ホテルではルームメイドやポーター、コンシェルジュに対して、グレードや内容に応じて$1~$10くらいが相場である。レストランでは支払の際にチップを含めて渡すが、料金にサービス料を含んでいる場合やセルフサービスの店であチップは不要。
電圧
アメリカの電圧は120Vで周波数は60Hz。日本の電気製品の使用には変圧器が必要である。コンセントの形状はほとんどが日本と同じAタイプである。
旅行注意点
ロサンゼルスのあるカリフォルニア州は喫煙に関して非常に厳しい。レストランやバー、空港、美術館などほとんど全てが禁煙である。飲酒についてもビーチや公園、ホテルのロビーでは禁止である。
通貨
ドル[$][USD] 補助単位はセント[¢]。1¢コインは「ペニー」、5¢コインは「ニッケル」、10¢コインは「ダイム」、25¢コインは「クォーター」の通称で呼ばれることが多い。

カモメトラベルでは個人旅行はもちろん、社員旅行・修学旅行・新婚旅行・卒業旅行など海外旅行を幅広く取り扱っております。お気軽にお問合せ下さい!

社員旅行・修学旅行・団体旅行・ご人数の多い旅行のお見積りはこちらからどうぞ

観光地・名所・見どころ

ハリウッド

映画の都・ハリウッドとして世界中に有名である。元々は雨が少ないことが映画の撮影に適しているためにこの街が撮影地に選ばれたことが始まりである。チャイニーズシアターやユニバーサル・スタジオ・ハリウッド、グリフィス天文台など見どころは尽きないが、観光客にとって定番の人気スポットと言えば、スターの手形・足型のあるコンクリートの敷石のエリアである。近年は日本人俳優もハリウッド映画に出演したり、アカデミー賞を受賞したりすることが多くなったため、より身近な場所に感じられるようになった。

ハリウッド
ビバリーヒルズ

有名スターの豪邸が立ち並ぶエリアとしてあまりにも有名であるが、厳密にはここはロサンゼルス市内ではなくビバリーヒルズ市というあくまで独立した別の都市である。日本でも大ヒットした人気映画「ビバリーヒルズ・コップ」のビバリーヒルズ警察もロサンゼルス市警とは別である。アメリカではテレビドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」を知らない人はいない。パームツリーの並木道の丘に広大な庭を持つ一戸建ての高級住宅が点在しており、さらに世界の一流ブランドが集まる高級ブティック街・ロデオドライブが隣接する。

ロデオドライブ
サンタモニカ

サンタモニカもビバリーヒルズ同様、ロサンゼルス市内ではなく、独立したサンタモニカ市に位置する。キリスト教の聖人モニカが地名の由来である。太陽のカリフォルニアを代表する有名ビーチで、地元客はもとより全米そして世界中から多くの人が訪れる。人気のヴェニスビーチは遊泳はもちろんのこと、サイクリングやローラーブレードなどのスポーツのメッカであり「バックパッカーズ天国」とさえ呼ばれている。観覧車のあるサンタモニカ・ピアや、ショッピングモールのあるサードストリートも人気が高い。

サンタモニカ
アナハイム

ロサンゼルスはテーマパーク都市としても有名である。ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドとシックス・フラッグス・マジック・マウンテンは市の北部に、そして南東部のこのアナハイムには2つのテーマパークがある。言わずと知れたディズニーランド・リゾートと日本には無いナッツ・ベリー・ファームである。アメリカといえどもディズニーランドはここロサンゼルスとオーランドにしか無い。またスヌーピーとチャーリー・ブラウンで有名なナッツ・ベリー・ファームは世界でここしか存在しないので、アナハイムがいかにテーマパークの聖地であるか納得である。ディズニーランド・リゾートにはディズニーランド・パークとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーの2つのパークがある。

アナハイム
ダウンタウン

ロサンゼルスの政治・経済の中心地で超高層ビルが林立するビジネス・繁華街エリア。見どころは多いが、特にチャイナタウンやリトル・トーキョー、コリアタウンなどのアジアエスニックタウン、そしてロサンゼルス発祥の地でメキシコの物産を中心としたみやげ物屋・レストランが並ぶオルヴェラ街などは、アメリカ・ロサンゼルスらしい多国籍・多民族文化の醍醐味を味わえる場所として人気が高い。また日本人として初めて大リーグで大活躍した野茂秀雄投手で有名になったドジャー・スタジアムも必見のスポットである。

ダウンタウン
ゲティ・センター( J・ポール・ゲティ美術館 )

ロサンゼルスを代表する巨大美術館で、全米屈指の規模を誇る。石油王ジャン・ポール・ゲティにより創設された。広大な敷地に施設が点在し、博物館というよりはテーマパークのスケールである。ミケランジェロやゴッホなど貴重な美術品を展示するパビリオンを始め、市街のパノラマが一望できる開放型の広大なテラスや美しい庭園、レストラン・カフェも充実している。見学者に対する案内にも最先端技術が導入され、美術品の情報は「ゲティガイド」とよばれる双方向マルチメディア・ツールで提供されている

ゲティ・センター

郊外の観光地・名所・見どころ

ロング・ビーチとカタリナ島

サンタモニカと並ぶロサンゼルス近郊のマリンリゾートエリア。古くから若者文化で栄えた。マリーナとアクティブスポーツはもちろんであるが、現在は博物館となっているイギリスの豪華客船クイーンメリー号や、水族館やショアライン・ビレッジなどのレジャー施設も充実している。ここロング・ビーチからフェリーに乗って1時間ほどで大自然とマリンレジャーの島・カタリナ島に行くことができる。ヨットが無数浮かぶアヴァロンマリーナの背後に山の斜面が続くカタリナ島の風景はリゾートアイランドのイメージそのものである。

ゲティ・センター

※随時、情報の収集・更新に努めておりますが、更新後に内容が変更になっている場合もございます。

※最新の情報を確認されたい場合は、直接施設および交通機関等へお問合せいただきますようお願いいたします。

※記載の現地情報の相違に起因するお客様の損害につきましては、責任は負いかねますので予めご了承ください。

ロサンゼルスへの格安ツアー・格安航空券

おすすめ ロサンゼルス格安ツアー

羽田発 フリープラン

おすすめ ロサンゼルス行き格安航空券

羽田発▼

成田発▼

関空発▼

中部発▼

福岡発▼



東アジア

東南アジア

南アジア

中東

ヨーロッパ

アメリカ・オセアニア




渡航関連サイト

  • 訪日旅行
  • 団体旅行 お見積無料
  • グローバルWiFi
  • トラベルタクシープロモーション

世界遺産ナビー・各国観光局